【Rainbow Six Siege】戦場にぶら下がるミノムシ

はじめまして。さとしです。
今回紹介するのは私が最近やり始めたRainbow Six Siege(R6S)の動画です。1月23日のR6Sの放送を見てた人はタイトルでわかるかも知れませんが、相手プレイヤーの意表を突くプレイングに翻弄されてしまいました。

まさかあんなところを堂々とラぺリングしてくるとは思いもよらず、動揺によるエイムのブレとラぺリングの揺れにより私の銃弾がことごとくはずれしまいました。
さらに、その後シャンデリアと同じ高さに合わせることで、明かりで自身の姿を見えづらくするという巧妙な手口(その時私が使用していたモニタではほとんど見えていなかったです)。まさに、してやられたという思いになりました。

このミノムシプレイは多用するとあっさりキルされてしまいますが、”目立つ場所で堂々とラぺリングしないだろう”という固定概念を打ち破る大胆なプレイングですね。そういった固定概念に付け入る隙はまだまだあるかもしれません。

さとし

xCCx内のパソコントラブルの話にことごとく首を突っ込んでいたらいつのまにやら技術部長の役が付いていた。
ゲェム天国ではサイトの見た目とか記事の見た目とかのお手伝いしてます。
たまに配信してる人と一緒にゲームしてるかもしれません。

関連記事

  1. 【Titanfall 2】キャンペーン(ほぼ)初見攻略プレイ【Part1】

  2. 【Rainbow Six Siege】新オペレーター「Mira」プレイレポート【攻略】

  3. 【FOR HONOR】ダクソ対人厨よ!次はこれだ!!

  4. 【Rainbow Six Siege】AIM自信ニキはオールキルを狙え!

  5. 【Rainbow Six Siege】やっぱり人質を助けたい!―開幕確保指南―【攻略】

  6. 【Battlefield1】ドロくせえ戦場も悪くねぇ

  7. 【バイオハザード7】絶叫たんだおレポート【part1】

  8. 【Rainbow Six Siege】最速名声稼ぎ&エイム練習術【攻略】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP