【大乱闘スマッシュブラザーズ】今日はかつてあのゲームが発売した日【その3】

タイトル ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
機種 NINTENDO64
発売日 1999年1月21日

18年前の今日、任天堂ハードを代表するゲームとして今なお各世代に愛されるシリーズの第一作目、ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ(以下スマブラ)が発売した。

当時の任天堂といえば、マリオ・ゼルダ・カービィ等、何を出しても名作なんじゃないかというくらいの力があった。
そんな中スマブラが発売した。ただでさえ魅力的なゲーム・キャラクターたちなのにそれが集まるというのだ。期待しないわけがない。

スマブラは対戦ゲームではあるが、格ゲーとは違う”スマブラ方式”というジャンルと言えるだろう。
私は格ゲーが苦手(昇竜拳が出せないくらい)だったため、スマブラのようなスティック+ボタン・スティックの強弱で技が出せるスマブラは非常にとっつきやすく、大いにハマった。
さらに4人対戦が可能なため、放課後集まってやるゲームと言えばコレだった。

この世代に言うと必ずと言って良いほど共感してもらえるワードがある。
「うちコントローラー4つあるよ」
このワードだけで友達ができる時代だった。良いのか悪いのか今となってはわからないが。


大人になってから考えてみると、ハンデシステムや、体力制ではないところなど、幅広く子供が遊びやすいゲームを作っていたのだなぁとしみじみ思う。
そして今やるとガバガバなバランスな所も、なぜか魅力を感じてしまう。
ネット対戦が主流の昨今、あえてオフで集まってゲームをやる楽しさを思い出して欲しいと声を大にして言いたい。

出典:公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nalj/

スマブラ拳https://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nalj/smash/index.html

今でも残ってるってすごくない?

overman

レトロゲーだいすきマン
よくメジャーなマイナーゲーをやる
好きなもの:がんばれ森川君2号

関連記事

  1. 【Destiny】在りし日のCrescentCompany【xCCx】

  2. あったらいいな!こんなゲーミングデバイス

  3. 【Titanfall2】クリップ消化① 【ノーススター】

  4. 【Destiny】伝説級の武器がドロップ!【運命力3】

  5. 【Destiny】GARO杯 ランブル&スパローレース大会に参加してきました!【運命力2】…

  6. 【Destiny】脅威!近接抜けの恐怖【運命力1】

  7. パワースポットに行くとゲームでのドロップ率はあがるのか?

  8. 【HaloWars】今日はかつてあのゲームが発売した日【その6】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP