【GEARS OF WAR】今日はかつてあのゲームが発売した日【その2】

タイトル GEARS OF WAR
機種 Xbox360
発売日 2007年1月18日

 

遡ること10年前の今日、Xboxユーザーなら誰もが知っているであろう、かの有名な「GEARS OF WAR」が発売した。

TPS、FPSをまったくプレイしたことのない私の兄がこのゲームだけはクリアまで一緒に付き合ってプレイしてくれたことが印象に残っている。過剰気味なゴア表現と筋骨隆々で個性的なキャラクター達は当時の私には衝撃だった。

まずこのゲーム、銃にチェーンソーがついている。改めて文字にするだけでもほとばしるパワーを感じないだろうか。”銃にチェーンソーがついている”のだ。豪快なこのゲームは敵である地底人をチェーンソーでブィィイイブシャアアアと真っ二つにし、時にはその地底人にショットガンでバラバラの細切れにされる。四肢欠損は当たり前、さらに海外版ではチェーンソーで叩き切った後の断面は内臓が事細かに描写されている。GEARS OF WARのバイオレンスな世界観は多くのユーザーの心を鷲掴みにした。

このゲームを知らない人からすれば、さぞ趣味の悪いゲームだと思われるだろう。しかし、プレイしなければ分からない繊細な部分にこそ、このゲームの神髄がある。物陰にボタン一つで隠れることができるカバーシステム、美麗なグラフィックで表現される破壊の快感に直結したゴア、ダッシュ、ローリング等のプレイヤーのストレスを軽減する豊富な回避アクション。完成されたGEARSの戦闘は後のFPS、TPSゲームに大きな影響を与えた。

昨年の10月に、2007年以来音沙汰の無かった映画化の話が再浮上している。詳細の発表はまだ無いが、魅惑のGEARSワールドはこれからも続きそうだ。

 

めがまん

ゲェム天国公式キャラクターデザインを担当
洋ゲーのSFアーマーだとかロボが大好き

関連記事

  1. 【Destiny】在りし日のCrescentCompany【xCCx】

  2. あったらいいな!こんなゲーミングデバイス

  3. 【Titanfall2】クリップ消化① 【ノーススター】

  4. 【Destiny】伝説級の武器がドロップ!【運命力3】

  5. 【Destiny】GARO杯 ランブル&スパローレース大会に参加してきました!【運命力2】…

  6. 【Destiny】脅威!近接抜けの恐怖【運命力1】

  7. パワースポットに行くとゲームでのドロップ率はあがるのか?

  8. 【HaloWars】今日はかつてあのゲームが発売した日【その6】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP