【Titanfall2】対イオン個別講座リージョン編【攻略】

こんにちは、くろろほるむです。

最も汎用性があり、かつ明確なアンチがいないというちょっと強すぎるんじゃないか?というイオンに対して怒りの各タイタン個別対策法を考察していきます。
それぞれのプレイヤーの対策法なので、より良いものがあるとは思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

スコーチ編
トーン編
イオン編
ローニン編
ノーススター編

※記事がアップロードされたら、リンクが挿入されます。
※この記事には個人的な意見が含まれており、必ずしも正解という訳ではありません。

まず大前提として、イオンはリージョンの明確なアンチだということを覚えておきましょう。
しかし、ver2.0.3.1からコアメーターが溜まりにくくなった為、試合開始→交戦から速攻レーザーコアを受ける…のような状況にはなりにくくなりました。

理論的には1on1の状況ならばイオンのヴォーテクスシールドを読み、小刻みに撃てばレーザーコアが溜まらない限り体力差で勝てますが実践ではそう簡単にはいきません。
リージョンは動きが遅いので囲まれる状況もダメです。
なるべく味方と行動するか、離れるとしてもすぐに戻れる位置か味方のカバーを貰える位置にいましょう。

▲みんな大好きお楽しみが二倍おじさん。マルチでは迷彩「血統」+ノーズアート「アイアムリージョン」で彼と同じデザインになれます。

イオンに張り付かれた場合は味方がいるならば援護してもらい、一人の状況なら牽制しつつ味方の位置まで後退しましょう。
どんな状況だろうとヴォーテクスシールドに向かって撃つのは良くありません。小刻みでも止めておきましょう。
小刻みに撃ったとしても多少は返されるため味方にもダメージが入るし、イオンのコアが溜まってしまうので良い事がありません。
大人しくイオンに銃口を突き付けたままにしておきましょう。
ただ、遠距離モードのパワーショットは返されたとしても、通常の弾1発分のダメージと変わらないためリスクが低く、当たったときのリターンが大きいのでそれのみ撃つのもアリですね。

ガンシールドを使う際は、きちんと狙ってレーザーを撃ってくる相手だとあっさり足や肩に当てられることを忘れないでおきましょう。
ガンシールド展開中にモード切替を行うと、切り替え中のみ通常時の移動速度になるので、それを活かして壁に隠れるなどの方法がオススメです。

味方とイオンを挟み込めれば勝ちです。ヴォーテクスシールドは一方向しか防げないので背面はガラ空きなのです。
レーザーショットに関しては避けようがないので諦めましょう。むしろエネルギーを半分使わせたと思っておいた方が気が楽です。
(少し時間経てば回復するんですけどね)

戦術に関してはリージョンはイオンに狙われやすいのを利用して囲みやすい場所に孤立してるように見せかけて誘い込んで叩いたり
ありきたりですが味方のイオンに前に入ってもらうのが割と良いかもしれません。

以上がイオンに対するリージョンの対策考察です。リージョンとイオンはカタログスペックだけで見れば明らかにリージョンが不利です。
しかし、実践となれば腕と経験でカバーできる場面がいくらでもあります。ぜひともイオンを狩ってやりましょう。

お付き合いいただきありがとうございました。

くろろほるむ

いろんなゲームをかじって遊ぶ人
腕前より立ち回りとかを考えるのが好きだがたまに何も考えずに動くことがある

関連記事

  1. 【Destiny2】週刊ナイン~第6号~【攻略】

  2. 【Destiny2】週刊ナイン~第3号~【攻略】

  3. 【Destiny2】週刊ナイン~第7号~【攻略】

  4. 【Destiny2】週刊ナイン~2017年 12月 第2週分 休刊のお知らせ~【攻略】

  5. 【Destiny2】週刊ナイン~第5号~【攻略】

  6. 【Destiny2】週刊ナイン~第4号~【攻略】

  7. 【Destiny2】DTRスコア上位勢がオススメするウォーロックPvPマニュアル【攻略】

  8. 【Destiny2】Part2:DTRスコア上位勢がPvP強武器を紹介するぞ! 【攻略】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP